よこはま山手散歩

切り撮った一コマで、素敵な「よこはま山手」をご紹介します

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

麦酒発祥の地  

IMG_2494.jpg 

ビア坂の途中に、『麒麟園』という公園がある

特に何がある訳でもない広場の隅に
大きな碑が立っている


IMG_2495.jpg 

IMG_2496_20150816145146dba.jpg 

麒麟麦酒開源記念碑

 居留地の外国人向けに、明治2年(1869年)日本初のビール醸造所「ジャパン・ヨコハマ・ブルワリー」を
山手居留地46番に、ローゼンフェルトが開業。

1870年(明治3年)には
横浜・山手の外国人居留地123番にウィリアム・コープランドが、ビール醸造所「スプリング・バレー・ブルワリー」を開業
天沼に醸造所を設立
コープランドの廃業後もビール醸造は継続され、麒麟麦酒株式会社へとつながったのだそうだ

コープランドは1864年(元治元年)に来日し、
天沼の地(現在の中区千代崎町・諏訪町近辺)で良質な硬水で、
ビールの熟成に適したよい水を発見
今でも「ビール井戸」が麒麟園の隣の横浜市北方小学校に残されている。

この地が、キリンビールの発祥の地であることを記念して、
1937年(昭和12年) 、「麒麟麦酒開源記念碑(日本の麦酒発祥の地)」が建てられた


以下碑文より・・・
居留外國人の需要に應ずるがために醸造せられたる麒鱗麦酒は
其風味と香有により國民的飲料となりて全國に弥漫し外國品の輸入を防遏するのみならず
却って外國に輸出せらるゝに至る

始めて日本の土を踏む外國人等甕中の玉液を汲み盞内の金波を傾け圖らざりき
日本またミュンヘンビールあり
ガムブリナスの神は扶桑の地をも祝福するかと嘆賞するに至る



麒麟麦酒の發達の跡を見るに
一粒の種子が生長繁茂して亭ゝたる天の大樹となり
朝暉を受けては立を掩ひタ陽を負ふては紅海を翳ふに至るが如し


今麒麟麦酒株式會社が其發祥の地たる天沼に記念碑を建つるに曾ひ文を撰して其事を誌るす


之を讀む者必らず麒麟麦酒株式會社發達の歴史は日本國勢開展の歴史と其軌を一にするを感ぜん




公園で、子供を遊ばせつつ読んだ頃には
難しくて結局読み込めないままだったのだけど・・
こうして、今読むと…
初めて山の上の外人の美味しそうに飲む金色の、そしてひげを泡で汚す・・・そんな飲み物に
憧れ、習い、作り・・・・
国民的な飲み物にまでした
あっぱれ!!




この猛暑の中での一杯
格別!!





お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 関東風景写真へ
にほんブログ村

category: ビール発祥の地

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。